コミュニティを通じてKOMMONSが実現したい世界について

買い叩かれる「人材」


突然ですが、皆さんがりんご農家になったと想像してください。
「100円でジュースを売ることにしたので、りんご1個50円で売ってくれない?」と言われました。
皆さんならどうされますか?

ほとんどの方は「そんな価格で売れるか!」と断るのではないかと思います(2022年5月時点の平均市場価格は184円で1/3以下の値段)。

親切な方は店長さんに「価格を見直したらどうだろう?」「他のフルーツにしては?」とアドバイスをしたくなるかもしれません。

「農家」が働き手、「店長」が企業と考えたとき、皆さんが有り得ないと感じられたものと全く同じ状況が起きているのが人材業界です。原因は市場の平均も、働き手毎の市場価値もわからないことです。

僕がその事実に気づいたのは、前職時代、コールセンターに出向した時のことでした。
(KOMMONSのサービスを立ち上げたのもこの時の経験が基になっています)

当時の同僚は、非常に優れたスキルや実績を持っているにも関わらず、評価がそれに見合っていませんでした。
コールセンターに費やせるコストはあらかじめ決まっており、彼らのスキルや実績とはほぼ関係なく、評価が決まっていく構図だったためです。
人は増えずとも業務は増え、適正な評価もされないされない。
そんな環境にも関わらず、彼らはただ直向きに業務に励んでいました。

その理由は彼らと向き合う中ですぐにわかりました。
「自身のキャリアにおける市場価値が分からない」
「誇れる学歴や職歴がなく、挑戦する機会が無い」

つまりは、現状に不満を持ちつつも、他に選択肢が無いと思い、働き続けているという事実でした。

仲間と励まし合いながら、終わりの見えない目標に向かい業務を続ける彼らを見て
「彼らが正当な評価を得られる場所で活躍できる世界にしよう」と心に決めました。

コミュニティを運営する理由


僕らは「スキルと評価のギャップが無い世界」を実現するために以下が必要だと考えています。

① スキルにおける平均市場価値の見える化
② 個人スキルの発信によって自分自身の市場価値がわかる仕組み化

それを実現する鍵になると信じて、運営しているのが職種特化型のコミュニティ「KOMMONS」です。まだ実現したい世界に向けて試行錯誤中ですが、現在行っている取り組みはこちらです。

①Q&Aでノウハウを発信する:企業や参加者からいただいた課題に対して、これまでのご経験や解決策をチャットや交流会でシェアしてもらっています。自分の経験がこんなに役立つのか!という気付きに繋がったり、シェアいただいた内容を動画や記事等のコンテンツにして、ご自身のコンテンツとしてご利用いただいたりしています。

②分科会で繋がる:同じ職種の中でも業務内容に基づいて更に細かく職種を切り分けて、担当者同士で横の繋がりを作れる分科会を運営しています。業務に関する具体的なTipsについてお話してもらうなど、日々の業務に活かせる情報交換に特化しているイメージです。

③キャリアについて考える:コミュニティ内の先輩方からこれまでのご経験や、現職で必要になるスキルセットなどについて座談会で話していただいたり、副業や転職案件をみて、応募してみたりと、今後のキャリアについて気楽に話を聞ける場を用意しています。

コミュニティで大事にしていること


昨年第1号として、カスタマーサクセス職に特化したコミュニティ「CS KOMMONS」を立ち上げ、1年が経ちました。参加者は400名を超え、コミュニティとして順調に拡大しています。

先程の理由から、参加者の皆さんの発信が何よりご自身の気付きやスキルの証明になる、というスタンスをとても大事にしています。ぜひ皆さんにも同じ気持ちでKOMMONSでの情報交換にご参加いただきたいと思います。

KOMMONSが職種の枠を超えた交流を通じて、それぞれにとってベストな活躍の場を見つけられる皆さんの居場所になる様に、カスタマーサクセス以外の職種のコミュニティの立ち上げも進めております。

▶︎CS KOMMONSにご興味をお持ちいただけた方はぜひこちらからご登録ください。
▶︎カスタマーサクセス以外の職種のKOMMONSコミュニティへのご参加にご興味をお持ちいただけた方は今後の情報をLINE公式アカウントにてご連絡させていただいていますので、こちらから友達追加をお願いします。

コメントは利用できません。

まずはお気軽にお問合せ下さい

お問合せはこちら  資料請求はこちら